« 2012年2月12日 - 2012年2月18日 | トップページ | 2012年2月26日 - 2012年3月3日 »

2012年2月19日 - 2012年2月25日

2012-02-24

滋味より増す2月、春酒にあわせたい<あん肝甘辛煮>。

2月に入りより脂満ち満ちる海のフォアグラあん肝。
その濃厚な味わいに、さらに美味を加算した「あん肝甘辛煮」

Ankimoamakara

ゆめーる会員様限定でバターソテーや、自家製テリーヌなども
御提供させて頂いていましたが、こちらは純な和風仕立て。
すっきりとした春酒にも似合いの味加減で仕上げました。

来週あたりに日替わりのお薦めにて御提供の予定です。
でも、カリッとした表面と凝縮した美味に陥落必至の
とろけるバターソテーもちょっと恋しいかも。

こっそりと厨房にリクエストしてみますね。

2012-02-23

【亀の翁】飲み比べ!大吟醸三年熟成も楽しめるのは吟醸会限定。久須美酒造

ダブル受賞の【亀の尾】もご提供中の夢やですが…

さらに、幻の<超>貴重な美酒が2月26日限定で登場致します!

第32回夢や上野店吟醸会

3f650a93b2c340ad28129646674f9a8a

越後杜氏の『浪漫と執念』が生み出した幻の美酒<亀の翁>。
ただでさえ大変希少な美酒なのは皆様御存知のはず。

しかし、今回はさらにさらに!!
一切流通しないまさに蔵人達だけが楽しめる特別なお酒
この吟醸会の為だけに瓶詰めして頂きました。

今回の利き酒三種のその特別な内容を御紹介致します。
・亀の翁 純米大吟醸23年
・亀の翁 純米大吟醸22年
・亀の翁 大吟醸三年熟成

まさかの「亀の翁 飲み比べ」!!!

少しでもお酒を御存知の方ならば、卒倒してもおかしくない内容ですよね!
私も今から日曜日が待ち遠しくてたまりません。

大変数が貴重な為、吟醸会ですべてなくなってしまうのは必至!
若干ですが、お席に余裕がございますので本日中に
もしもいらっしゃれる方はお問合せください。

鼻孔をくすぐるやや抑え目の芳香が、
口の中にさらり滑り込むとお酒とは思えないほどの透明感が広がります。
それでいて、なんとも言えないキレ。
そして最後をしめる華やかさは飲めば飲むほどに
あなたを魅了すること間違いなしです。

2012-02-22

豚バラ根昆布炒&隠し酒*ゆめーる第732号

◇ゆめーる限定
[豚バラ肉と根昆布炒め]
まず鼻をくすぐるのは、ジューシー豚バラ肉のウマ脂と根昆布の深みが凝縮された湯気の香り。栄養はもちろん、旨みがたっぷり詰まった根昆布のコク深い味わい、また独特の粘りと食感と素材の全てを楽しめることができる炒め物です。勝浦の隠し酒の米の旨みにも負けない力強い一品です。
630円
[蒸し白魚と湯引き玉子の梅肉仕立て]
ふわふわの湯引き玉子に抱かれる春魚<白魚>に絡むのは、甘酸っぱい春らしい彩りの梅肉とすっきりとした二杯酢。口中に春が芽吹くような上品な酒肴は、夢やならではの優しい味わい。
588円
◇好評につき今号も!
[腰古井 隠し酒うすにごり生原酒]
蔵人達だけが味わうことができる搾りたてそのままの生原酒。本来では蔵でしか手に入らない薄にごり酒が今年も限定入荷。出来たての弾ける感触と生きた酵母ならではの旨み。贅沢にも上澄みを注げば、さすが勝浦の美酒、鮮魚にも今号の肴ともとびきりの相性です。
3675円

2012-02-21

北海道の幻の酒<北の勝-搾りたて>を頂く。

- 北の勝 搾りたて -

Ranran至福の笑顔のRちゃん

まず、大変申し訳ないのですが、
このお酒は夢やでは販売しておりません。
実は、某定例会のメンバーで今は北海道在住のG君が、
日本酒を心から愛するメンバーの為にと
わざわざ一升瓶を抱えて、ひさびさに定例会に参加してくれたのです。
去年に引き続き、その心遣いに私も大感激!
G君、本当にありがとう。

なのに、心躍らせてG君が来店してくれても
なかなかメンバーが集まらず、、、、
1時間弱、寂しい思いをさせてしまいました。

もちろん最後には大勢の参加者で大盛り上がりだったんですけどね!

さて、この「北の勝-搾りたて」は、地元の方に愛されている
県外どころか、県内のお店にも予約のみでほぼ流通していないという
本当に貴重なお酒なんです。
色々と頑張ってお酒に関しても勉強中の私ですが、
このお酒を目にしたのは、昨年G君に贈って頂いたのが初めて!

芳醇で、濃厚、キレも抜群。
寒さが厳しいほど美味しくなる北の海の幸には、
最高の相性のお酒だということがひと口含むだけでわかります。

お酒の世界は本当に奥深いものですね。
私も、あまりの美味しさに存分に頂戴して酔っ払いでした(笑)

今回のブログは自慢ばかりですが…
この北の勝にも劣らない珠玉の一杯をご提供すべく、
これからも美酒と酒肴の研究と修行に励んで参ります。

あ、週末26日は上野店の吟醸会だ!

G君、本当にありがとう。

新潟ごっつおフェアも開催中!!

2012-02-20

新潟ごっつお料理&蔵人の隠し酒*ゆめーる第731号

新潟ごっつおフェア

本日2月20日より新潟ごっつおフェアがスタート。新潟出身の職人が腕をふるう本場のごっつお料理、ご来店をお待ちしております
・のっぺ煮
常連様ならご存知の「のっぺ」。ゴボウや里芋などの根菜を鶏肉や干し貝柱でコク増す出汁で煮込んだ汁物は、郷土料理百選にも選ばれた普段だけでなく、お正月にも食べられる新潟のおふくろの味であり、ごっつおのひとつ。丁寧に仕込んだ具材それぞれが生きる優しい味わいを存分にお楽しみ下さい。
630円
・越後もち豚唐揚
つきたてのお餅のような柔らかさ、そしてキメ細かい肉質の食感、何と言ってもその上質の脂が甘ーいんです!日替りのお薦めでもたびたびご紹介している人気の逸品、そんな誰もをたちまち虜にする越後もち豚のイチオシの<とん唐>をどうぞ。
735円
・栃尾ジャンボ油揚げ
普通の油揚げの何倍もふっくらと厚みある、大豆の旨みが満ち満ちた極厚の油揚げ。香ばしく焼くことで、さらに外はカリッ中はふんわりと仕上げます。お薬味の葱と生姜共に焼き立てアツアツのうちにお召し上がり下さい。
1/2サイズ588円

-----------------

◇千葉県勝浦より蔵人の隠し酒も限定入荷。
[腰古井 隠し酒生原酒]
蔵でしか手に入らない門外不出の薄にごり酒が今年も限定入荷。出来たての弾ける感触と生きた酵母ならではの旨み。贅沢にも上澄みを注げば、さすが勝浦の美酒、鮮魚喜ぶとびきりの相性。もちろんごっつお料理にも最適です。
3675円

« 2012年2月12日 - 2012年2月18日 | トップページ | 2012年2月26日 - 2012年3月3日 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ